転職までのサポートの流れ

あなたに必要な分だけをカスタマイズして提供します

1.現状をヒアリングして方向を決めます

1.現状をヒアリングして方向を決めます

なぜ転職したいのかをお聞きします。状況によっては転職以外の解決先を一緒に考えて、ご提案する場合があります  

ステップ1

2.職種や業界を決めて戦略つくり

2.職種や業界を決めて戦略つくり

これまでの経験や将来の志向をお聞きして、あなたにあった職種や業界、会社の特性などを一緒に考えていきます   

ステップ2

3.転職活動に必要な準備をします

3.転職活動に必要な準備をします

履歴書や職務経歴書の準備や、求人に応募するためのメールの取得、利用する求人サイトの選定を行います              

ステップ3

4.一緒に応募していきましょう

4.一緒に応募していきましょう

情報をたくさん得るためには複数の求人サイトを運用する場合があります。一緒にチェックしますので安心してください 

ステップ4

person s hand on laptop

【求人サイトの使い方を解説!】自分に合ったサイトを見つけよう

1. 転職サイトの選び方

1.1 サービスの比較

転職サイトを選ぶ際には、まずはサービス内容を比較することが重要です。

転職エージェント型では、キャリアアドバイザーが求職者の転職活動を支援します。求人選定や面接対策など幅広いサポートが受けられます。また、非公開求人の紹介もあります。他のサイトでは見ることのできない魅力的な求人に出会える可能性があります。

一方、求人広告型では、多くの求人情報を提供しています。求職者自身が転職活動を進める必要があります。自分自身で求人を探し、応募手続きを行うため、主体的に動ける方に向いています。

サービスの比較を通じて、自分に合った求人サイトを選ぶことが重要です。

1.2 自分に合った求人サイトの見つけ方

自分に合った求人サイトを見つけるには、以下のポイントを考慮することが大切です。

まずは目指す業界や職種に特化した求人サイトを選ぶことが求められます。業界によって求人サイトの特徴や掲載求人数が異なります。自分の希望に合ったサイトを選ぶことが重要です。

次に、自分が実現したい年収を考慮して、求人サイトを選ぶことも大切です。年収帯や給与設定が明確に表示されているサイトを選びます。自分に合った求人に出会える可能性が高まります。

R社のサイトは、年収600万円から800万円クラスの求人が多い傾向があります。そうなると、管理職クラスまたはその候補、高度専門職の求人が多く掲載されます。

T社は、年収幅が400万円から800万円と広く、一般職から管理職まで求人が掲載されます。

自分に合った求人サイトを見つけることが重要です。自分の希望や目的を明確にし、比較検討することが大切です。

2. 成功するためのポイント

 求人サイトで効果的な転職活動を行うためには、以下のポイントに留意しましょう。

  • 複数のサイトの活用:複数の求人サイトを利用します。同じ求人情報を見逃すリスクを減らすことができます。さまざまなサイトを比較して、自分に合った求人情報を探しましょう。
  • 自己分析の実施:自分の強みや希望条件を明確にします。求人サイトを活用する上で重要なポイントです。自分に合った求人を見つけるためのキーワードや条件を明確にしておきましょう。
  • 企業研究の徹底:求人情報だけでなく、応募先の企業情報も事前に調査します。企業の理念や社風、成長性などを確認し、自分にとって魅力的な企業を見極めましょう。
  • 自己PRの充実:求人情報に応募する際には、自己PRや職務経歴書の充実も重要です。自分の経験やスキルを最大限にアピールし、応募資料の作成に時間をかけましょう。  以上が求人サイト利用における注意点と成功するためのポイントです。

まとめ

自分ひとりでサイト選びや登録はたいへんです。登録後の応募や企業研究もかなりのパワーを使います。一人で頑張れますか?サポートはいりませんか?私たちは多くのノウハウを持っています。一緒にがんばりましょう。

photo of woman laying beside each other

【就活で大事なこと!】自己分析で将来の自分を見つけよう!就職活動における重要な準備

1. なぜ自己分析が必要なのか

自己分析は、就職活動における重要な準備として欠かせないものです。自己分析をすることで、自分自身の性格や強み・弱み、価値観の傾向などを明らかにします。

1.1 自己分析の目的と意義

自己分析の目的は、自分の性格・強みを理解し、将来の夢や目標を明確化し、企業選びの軸を明確化します。自己分析で自分自身を知り、自己研究をすることで、自分に合った仕事や会社を見つけましょう。

また、自己PRや志望動機を説得力を持って伝えるには、自己分析に基づいた具体的なエピソードや事例を用意します。自己分析で、面接で自分自身を効果的にアピールすることができます。

1.2 就職活動における自己分析の重要性

自己分析は就職活動において非常に重要な要素です。自己分析をすることで、自分の強みや弱みを把握することができます。自分自身の強みや弱みを理解することで、自分に合った仕事や職場環境を見極めます。自己分析を通じて、自分自身がどのような仕事に向いているのかを知ることができます。

さらに、自己分析をすることで、自己PRや志望動機の中身を充実させます。その自己PRや志望動機は、面接官に大きな印象を与えることができます。

そして、自己分析を通じて見つけた新たな自分の発見は、面接やエントリーシート(ES)での自己PRに活かすことができます。自分自身について深く洞察し、自信を持って語ることができれば、企業側もその積極性や自己理解の深さに好印象を抱くでしょう。

2. 自己分析と企業選び

自己分析は、就活の軸設定において非常に重要な役割を果たします。自分自身の性格や強み・弱み、価値観の傾向などを明確にします。これにより、企業選びの軸を明確化することができるのです。

自己分析をすることで、自分のやりたいことや自己PRが明確になります。自己PRや志望動機が説得力を持つことができるため、企業側からも注目されやすくなります。また、自己分析を通じて自分に合った仕事や会社を選びやすくなります。

さらに、自己分析を通じて自分の力や資質を発見することも可能です。自己分析を通じて自分の強みや特技、興味のある分野などを把握することができます。これにより、自分の特長を活かせる仕事や会社を見つけることができます。

まとめ

自己分析は就職活動において非常に重要な準備です。自分自身を客観的に見つめ、自己の強みや弱み、価値観を把握することで、自己PRやエントリーシート、面接などの重要な場面で自分の魅力をアピールすることができます。自己分析を通じて、自分自身の将来のキャリア形成の道標を作り、自分に合った仕事や会社を見つけることができるので、積極的に取り組んでみましょう。私たちが全力でサポートいたします!

個人向け転職サポートを開始しました。

 

このたび、パーソナル向けの転職支援サービス be for you を開始いたします。

これまで、私たちヒューマンリソーステクノロジィでは、中小企業の総務人事のご支援をして参りました。

一方で、日々の活動の中で、さまざまな方とお会いしている中、個人のお悩みにもお応えさせていただきました。

その中でも、とくにご依頼が多いのが、転職でのアドバイスです。

そこで、これまでアドバイスやサポートをさせていただいた内容を、新たなサービスとして立ち上げる運びとなりました。

一人でも多くの方が笑顔になれますように、精一杯サービスをしていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。